税務署の正体

税務署の正体読了!

調査官には“課税ノルマ"があり、手練手管で市民か ら税金を搾り取り、常に追徴を狙っている。元国 税調査官が、謎に包まれた組織の実態を暴き、税務署から会社を護る知識を伝 授する!


なかなか知ることのできない内部の話を知ることができました。
半沢直樹に登場した“黒崎査察官"の正体にも触れていて、楽しみながら読めました。

税務署の正体 (光文社新書)

新品価格
¥777から
(2014/3/24 14:20時点)


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さっさと解体してしまいたい:税務署の正体

税務署の正体 (光文社新書)作者: 大村 大次郎出版社/メーカー: 光文社発売日: 2014/01/17メディア: 新書 経営者が恐れる二つの役所。 それは税務署と労働基準監督署だ。 その2つの役所のうち、元税務署勤務の筆者が書いた税務署の内幕。 はっきり言って、経営者に嫌われるのがよく分かる内容だ。
プロフィール

Anne シャーリー

Author:Anne シャーリー
のんびりと気が向いた時だけ更新します。
Amazonアソシエイト
アフィリエイト登録しました。
お気に入りでいっぱいのブログにしたいです♪

QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
RSSリンクの表示